洋楽で英語を勉強してTOEIC900点を獲得する方法

f:id:yougaku-eigo:20160721205016j:plain

なぜ、洋楽英語学習の教材に最適なのか?


  1. 音楽は言語能力を上げる
  2. 音楽は脳科学的に良い教材
  3. 発音が改善される=リスニング力が上がる
  4. 音楽を使えば英語の記憶能力を高められる
  5. 洋楽の歌詞は高度で実用的な英文を習得できる
  6. 第二言語習得学(SLA)に基づいた学習ができる

 

1.音楽は言語能力を上げる


音楽が第ニ言語習得の助けとなる科学的根拠がたくさんあります。洋楽を聴くことによって、リスニング、文法、スペリング、口語表現など覚えられます。
洋楽を英語学習に取り入れて先人たち:小林克也氏、アーティストのKnaanなどがいらっしゃいますし、OECDが1990年以降の研究成果をまとめ、『脳からみた学習――新しい学習科学の誕生』の中でも「音楽は言語能力や 論理能力を高める可能性がある」と述べられております。

 

yougaku-eigo.hatenablog.com

外資系社長や国内産バイリンガルは英語学習に洋楽を取り入れていた

f:id:yougaku-eigo:20160702032536j:plain


「英語ができる人」に、海外で育った帰国子女や海外在住経験が長い人、留学経験のある人などが多いのは事実ですが、、、

英語ができる人に「どこかに留学していたのですか?」と尋ねて「いえ、日本生まれ日本育ちで海外に長期滞在したことはありません」と答えられた経験があるかと思います。

外資系社長や外資系に努めていているビジネスマン、日系企業の国際事業部門で働いているビジネスマン、純日本育ちバイリンガルなど日本国内のみで英語を学んだ人の英語学習体験を調べてみると、彼らの多くは、日本国内のみで自分の好きな分野の英語を使って英語を勉強してきたという共通の特徴があります。


「私の場合は、お恥ずかしい限りだがきちんとした英語学習ではなく、中学生時代のアマチュア無線と高校時代以降の洋楽バンド活動を通じての「英語の口真似」が、結果的にリスニング能力を高めてくれたようだ。」

ボストンコンサルグループ日本法人社長の御立尚資氏は自身の英語学習経験に関してこのように述べております。

世界最大の外資系資産運用会社 元日本法人取締役の福原正大氏は日経ビジネスOnlineのコラムで

「洋楽を好きになり、その音楽やアーティストのことを知りたいがために英語を学んで、英語ができるようになった方が多くいます。こうした英語の学びは、英語力の取得を目的にしているのではなく、自分が興味を持っている世界を知りたいために、英語をその道具として利用しているのです。」

 

Fラン五流私大卒・関東近郊育ちの私がなぜTOEIC900点、海外営業マンに?

f:id:yougaku-eigo:20160702032259j:plain

 

初めに、著者の自己紹介もかねて著者の英語学習歴を紹介させていただきます。

著者は、生まれは関東近郊の生まれの純ジャパニーズです。公立の小中高を卒業し、大学受験に失敗し、Fランク大学(五流私立大学)を卒業しております。

趣味は洋楽を聞くこと、Billboard Hot100(全米シングルチャート)に出てくるようなコンテンポラリー洋楽?が好きです。ジャンルは何でも聞きますHipHop, R&B, EDM, Latin, Rock, Popなどあらゆる洋楽を聴くのが好きです。何とかして英語を理解できるようになって、この大好きな洋楽の歌詞を理解したいと強く思っておりました。

現在は、日系企業の海外事業部で欧米の顧客の営業担当をしており、日々、シリコンバレーのエンジニアと電話会議、メールでのやり取り、海外出張にて対面会議で英語を使用しております。

また「洋楽」を教材として英語学習法をまとめた書籍『Fランク大学出のボクでもスマホで洋楽聞いてTOEIC905点、今や海外営業マン! 英語マスター法』を主婦の友社より出版しました。書籍の他に英語学習ポータルサイト「English Hacker」にて洋楽を使った英語勉強法や洋楽歌詞で覚える英語文法・表現などをテーマにしたコラムを執筆させていただいております。

私が英語学習をスタートさせたのは、受験に失敗してFランク大学に通っていた大学一年生の頃になります。関東の田舎の卒業し大学受験に失敗して腐っていたころになります。

あのころは何も考えず、ただテキトー学生時代を毎日過ごしておりました……。
Fランク大学にしか入れなかったため、夢も希望も持てないと思い込み、毎日腐ったように覇気のない学生生活を送っておりました。。。

そんな状況の中、「何かおかしい、、」

「自分の人生、何かが違うぞ?」

そう感じ始めた私は、「何かしないと、、」と徐々に思い始めました

当時の私は、洋楽が大好きで英語を聞き取れるようになって歌詞の世界を理解できればよいなと思っており、また将来は中田英寿みたいに世界を飛び回りたいと思っていた典型的な夢見がちなFランク大学生でした。

Maroon 5のボーカルのAdam Levine のソロ曲である“Lost Stars”の歌詞の出だしのような気持ちでした。

“Please  don't see just a boy caught up in dreams and fantasies
  Please see me reaching out for someone I can't see”

「夢と幻想を追っているただの子供だと見ないでくれ、自分は何か見えない人を追っているんだ」

わたしの場合はSomeoneではなく、Somethingでしたが、「英語が喋れてグローバルな何か?をしたい」とぼんやり夢を見ていました。

とにかく、海外の国々の人となん仕事をしたい、飛行機に乗りたい(笑)
世界を飛び回りたいと思っている私は業務内容などどうでもいいのです。
空港でスーツケースを引いて世界を飛び回るジェットセッターになれるかがすべて(笑)

まずは、その夢を実現する為に何をするべきかと考えたときに、とにかく最初は英語を勉強しなくてはと思いました。

英語をもっと自由自在に操ることができれば、大好きな洋楽の歌詞の世界をもっと深く理解できるし、世界中のより多くの人と繋がることができ、人生が何倍もエキサイティングになるとのではないかと妄想をしておりました。一度しかない人生を最大限生ききるために、英語を学んで、世界中を飛び回り、世界中の人々と交流できる仕事をしたいと考えました。(ここでは事情があり留学という選択肢はありませんでした)

そして就職試験で英語力を証明するにはTOEICという試験があると知り、一度受験をしようと考えました。五流私大(Fランク大学)出身で、田舎育ちで23歳まで一度も日本を出たことがなかった純ジャパのわたしが、いくら英語ができると言ったところで誰も信じてくれません。。。

客観的に英語力を証明するにはTOEICで高得点を取るしかなかったのです。

ちなみに当時のわたしの英語力は、、、


  • 日本生まれ日本育ちの純ジャパニーズ
  • 23歳まで日本を出たことなし
  • 英会話学校へ通ったことなし
  • Fランク大学の英語基礎学力




そして、まずはTOEICを受けて自分の実力を知ろうと

洋楽で言語能力が向上する6つの理由

f:id:yougaku-eigo:20160702031337j:plain

 

洋楽が言語能力を高める科学的根拠、先人たちが行ってきた効果的な洋楽英語勉強法などをまとめた内容をまとめ、なぜ洋楽が英語学習に効果的なのかその根拠をご紹介いたします。


音楽は言語能力を上げる
音楽は脳科学的に良い教材
発音が改善される=リスニング力が上がる
音楽を使えば英語の記憶能力を高められる
洋楽の歌詞は高度で実用的な英文を習得できる
第二言語習得学(SLA)に基づいた学習ができる

 

1.音楽は言語能力を上げる

音楽が第ニ言語習得の助けとなる科学的根拠がたくさんあります。
洋楽を聴くことによって、リスニング、文法、スペリング、口語表現など覚えられます。
洋楽を英語学習に取り入れて先人たち:外資系社長、小林克也氏、アーティストのKnaanなどがいらっしゃいますし、OECDが1990年以降の研究成果をまとめ、『脳からみた学習――新しい学習科学の誕生』の中でも「音楽は言語能力や 論理能力を高める可能性がある」と述べられております。


2.音楽は脳科学的に良い教材

脳科学者で医学博士の加藤俊徳氏によると、絶対にNGな教材選びは「興味のないトピック(話題)」の英文で勉強することだと言います。その理由として、脳は自分が興味のある情報に対しては、脳の伝達系脳番地が非常によく働くからです。つまり、脳は「その情報を聞きたい、読みたい状態」ときに、もっとも学習効果が高くなるのです。

リスニングやリーディング練習の際、面白いと思える教材「だけ」を徹底的に見ることを心がけるようアドバイスをされております。興味がないと感じてしまうと、脳のリスニング力やリーディング力がとたんに落ちてしまうとのこと。また、興味があるジャンルというのは、それだけ「背景知識」も豊富になりますし、好きなジャンルで学ぶときに脳番地は強く活性化するとのことです。私自身、洋楽の歌詞に対する強い興味により、英語を克服し、TOEICで900点を達成し、英語で仕事ができる程度になりました。


3.発音が改善される=リスニング力が上がる

人の脳は自分で発音できない音は聞き取ることが出来ません。
発音できない音は、雑音として処理されてしますので、正しい発音を覚える必要があります。
私も発音を習得したことにより、学生時代にTOEIC560⇒TOEIC830へスコアUPした経験があります。洋楽を聞くこと歌うことで、英語のリズム、発音、イントネーション、アクセントなどを改善させることが可能です。


4.音楽を使えば英語の記憶能力を高められる

メロディーを聞けば自然と口ずさめる歌があるように、音楽と記憶力には深い関係があります。
トラックとリリックスは人間の感情に大きく影響を与え、頭の中で好きな曲がリピートされているときがあります。

好きな洋楽の歌詞を集中して聞いていると、その歌詞に使われているボキャブラリーや文法・表現が自然と覚えられ、深く記憶に刻まれます。ラブ・ソングなどその時の自分のモードや状況によって共感できる曲は自分の感情と共に深くその曲の歌詞を記憶することができます。

また、映画を見るより音楽を聞くことを勧めるの

メンズセレブ・ファッションの真似をする(同じブランドを着る)

学生時代に雑誌SafariやGQなどの見ていて、メンズセレブのファッションに憧れていました。彼らと同じファッションを真似したいと思っており、海外サイトを見ては、彼らが来ているブランドを探しては通販で購入しておりました。暇な大学生だからこそできることですが,,,,,

今回は、これからの季節に合う、海外セレブ愛用のブランドのご紹介をします。

 

 

自己紹介

f:id:yougaku-eigo:20160424064200j:plain

自己紹介

ペンネーム:工藤政春

仕事:日系企業で海外営業、サラリーマン作家コラム執筆

趣味:お酒、マイレージを貯めて海外旅行、洋楽

 

【執筆書籍】

www.lifehacker.jp