読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋楽で言語能力が向上する6つの理由

f:id:yougaku-eigo:20160702031337j:plain

 

洋楽が言語能力を高める科学的根拠、先人たちが行ってきた効果的な洋楽英語勉強法などをまとめた内容をまとめ、なぜ洋楽が英語学習に効果的なのかその根拠をご紹介いたします。


音楽は言語能力を上げる
音楽は脳科学的に良い教材
発音が改善される=リスニング力が上がる
音楽を使えば英語の記憶能力を高められる
洋楽の歌詞は高度で実用的な英文を習得できる
第二言語習得学(SLA)に基づいた学習ができる

 

1.音楽は言語能力を上げる

音楽が第ニ言語習得の助けとなる科学的根拠がたくさんあります。
洋楽を聴くことによって、リスニング、文法、スペリング、口語表現など覚えられます。
洋楽を英語学習に取り入れて先人たち:外資系社長、小林克也氏、アーティストのKnaanなどがいらっしゃいますし、OECDが1990年以降の研究成果をまとめ、『脳からみた学習――新しい学習科学の誕生』の中でも「音楽は言語能力や 論理能力を高める可能性がある」と述べられております。


2.音楽は脳科学的に良い教材

脳科学者で医学博士の加藤俊徳氏によると、絶対にNGな教材選びは「興味のないトピック(話題)」の英文で勉強することだと言います。その理由として、脳は自分が興味のある情報に対しては、脳の伝達系脳番地が非常によく働くからです。つまり、脳は「その情報を聞きたい、読みたい状態」ときに、もっとも学習効果が高くなるのです。

リスニングやリーディング練習の際、面白いと思える教材「だけ」を徹底的に見ることを心がけるようアドバイスをされております。興味がないと感じてしまうと、脳のリスニング力やリーディング力がとたんに落ちてしまうとのこと。また、興味があるジャンルというのは、それだけ「背景知識」も豊富になりますし、好きなジャンルで学ぶときに脳番地は強く活性化するとのことです。私自身、洋楽の歌詞に対する強い興味により、英語を克服し、TOEICで900点を達成し、英語で仕事ができる程度になりました。


3.発音が改善される=リスニング力が上がる

人の脳は自分で発音できない音は聞き取ることが出来ません。
発音できない音は、雑音として処理されてしますので、正しい発音を覚える必要があります。
私も発音を習得したことにより、学生時代にTOEIC560⇒TOEIC830へスコアUPした経験があります。洋楽を聞くこと歌うことで、英語のリズム、発音、イントネーション、アクセントなどを改善させることが可能です。


4.音楽を使えば英語の記憶能力を高められる

メロディーを聞けば自然と口ずさめる歌があるように、音楽と記憶力には深い関係があります。
トラックとリリックスは人間の感情に大きく影響を与え、頭の中で好きな曲がリピートされているときがあります。

好きな洋楽の歌詞を集中して聞いていると、その歌詞に使われているボキャブラリーや文法・表現が自然と覚えられ、深く記憶に刻まれます。ラブ・ソングなどその時の自分のモードや状況によって共感できる曲は自分の感情と共に深くその曲の歌詞を記憶することができます。

また、映画を見るより音楽を聞くことを勧めるの